今ここ、ピースバースデー

0=∞=1 全てが一つ、皆が輝くディバインスパーク

台風の真ん中に

先日、通っている福岡の歯医者さんが語ってくださいました。

 

台風で、少し晴れたなあと思って車で走っていたら、なんと、台風の目の中だったそう。

 

台風と同じ時速14キロで走り続けると

台風の中にいて晴れているさわやかな

中で、ドライブし続けられたそうです。

 

少しでも、台風の真ん中からずれたらそこは嵐の中であるので、真ん中にい続ける事が大事だったとの事。

 

私たちは、たまに、まるで嵐のような、感情や、思いの中にいるように思う時があるかもしれません。その時に、台風の目のように、中心に戻る事が出来たら、中心にいられれば、そこは、究極の平和の境地で、不動の心そのものでいられるのだと思いました。

 

もう一つ、歯医者さんが話してくださった、イギリスの教育

 

イギリスの教育は、考えさせる教育であるという話しの中で、

磁石のNとSのちょうど真ん中、間に方位磁石を置くとぐるぐる回る

 

それを考えさせるそうです。

 

Nは北、Sは南を指すはずですが、

真ん中は、ぐるぐる回る

一体何故か?

 

それを考えさせるそうです。

 

NとSの真ん中、Nであり、Sであり、Nでもなく、Sでもない場。

 

間の世界。

 

この間の世界の秘密は、

 

宇宙一美しい数式0=∞=1

の著者、Nhoさんも語っています→

 

https://www.youtube.com/watch?v=4AAQmZBAg5c&feature=youtu.be

 

詳細はこちら→

 

http://www.nr-japan.co.jp/service/nohjesu1day

 

台風の真ん中

NとSの間

 

間の世界、

 

神秘神聖な世界、

 

それはまさに今ここでもありますね。

 

今ここの

 

時間、空間、存在もないところからの

 

間の通り道