今ここ、ピースバースデー

0=∞=1 全てが一つ、皆が輝くディバインスパーク

チームプレー1

あるプロジェクトを達成するために、5人で話し合っていた最中、

 

発覚した事がありました。

 

それは、

 

意外と、私は、

 

困った時、相談しないで、そのまま一人でなんとかしようとするくせがあるという事、

 

自宅の電気がつかなくなった時、新しい電球を買ったり、交換したりと、色々と試んでみましたが、なんとかならず、電気なしで1週間以上過ごしていました。

 

5人で話している最中、ふとそれを話し時、

 

早速その日に、Kさんが自宅に来てくれて、電球、スイッチなどの全体像を確認し、必要な物をさっとお店に行き購入し、電球の交換をすぐにして、私が1週間以上悩んだ問題を1時間ぐらいで解決してくれました。

 

電球や電気の仕組みをよく理解しているKさんだからこそ、解決が早い。

 

壁のスイッチの問題か、電球の問題か、電気の問題か、どれが根本問題か知らない中で、私が、色々試してもつかなかった電気を、Kさんはすぐつく状態に戻してくれました。

 

また、ある時、

 

スマホやパソコンを使って完成する必要があるプロジェクトで、スマホの技術的な事が難しく、なんとかなると色々操作しながらも、なんとかならず数日たっていました。

 

またもや、5人で話していた時に、その事が話題に上がり、早く周りに助けを求めた方がいいとアドバイスをもらいました。

 

と言われても、皆に迷惑をかけるのでは?

 

まずは、ギリギリまで自分でなんとかした方がいいのでは?

 

と躊躇していました。

 

そんな思いがありながら、

 

今回は、5人のアドバイスに従おうと、

 

ごめんなさいと思いながらも、

 

同じプロジェクトをしている25人の仲間に手伝いを依頼しました。

 

若手のYさんSさんが、すぐ反応してくれて、Mさんや、Tさんもサポート加わってくれるなかで、数日悩んだ事も、皆の手にかかると早い早い、スイスイと数時間で仕上がっていきました。

 

一人でどうにもならなかった時に

 

チームの皆と共に何とかする事でよりスピーディーに、そして成し遂げられる事を実感した瞬間ですが、

 

さらにもう一つ感じた事がありました。

 

それは、

 

感謝 です。

 

感謝の思いが自然にチームの皆にに湧き上がって来るのを感じた時に

 

一人だけでは何とかならないからこそ

 

助けられた時に感謝の心が湧いて来る事を実感しました。

 

一人の不完全があるからこそ、チームで完全を成し遂げる事が出来た時

 

そこには互いに感謝の心の循環が生まれて来るのだと思いました。

 

ふと思い出した事があります。

 

宇宙一美しい数式0=∞=1の著者
韓国人の、Nohさんが語っていた

人間のチームプレーの事。


人間は、生まれて直ぐ歩く事も出来ません。

 

馬は、生まれて数時間で立つ事が出来ます。

 

そ未熟だらけで生まれて来る人間は、赤ちゃんの時には、立つ事すら出来ませんが、

 

周りと協力し合う事により、

 

乗り物を作り、馬より早く走る事が出来るようになります。

 

人間と馬、

 

一対一では、馬の方が早く走ります。

 

ただし、

 

一対多では、

 

馬よりも早い乗り物、車、電車、今では新幹線などを作り出し、馬よりも早く走っています。

 

未熟だからこそ、互いに助け合う事で、飛躍するチームプレーが出来る、

 

そしてそのチームプレーの間に生まれるもの

 

それが

 

感謝の心

 

なんだと思いました。

 

韓国の、

Nohさんが
日本人のチームプレーの美しさを語る場はこちらで開催されます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=4AAQmZBAg5c&feature=youtu.be

 

詳細はこちら→

http://www.nr-japan.co.jp/service/nohjesu1day

 

チームプレー1

次回、2章へ続く