今ここ、ピースバースデー

0=∞=1 全てが一つ、皆が輝くディバインスパーク

博多祇園山笠

宇宙一美しい数式0=∞=1の著者

韓国の、Nohさんのセミナーhttp://www.nr-japan.co.jp/service/nohjesu1day

 

にて

博多祇園山笠の話しが上がりました。

 

山笠が走る、道を清める、

 

道を清めて走る山笠。

 

今年、山笠を初めて、ゆっくりみる事が出来ましが、

 

山が走る前に、

 

子どもが走り、道を清め、

 

さらに、水で、道を清め、

 

そして、山笠が走り、道を清めていました。

 

道を清める事、

 

脳が条件反射的に考える道を清める事にも応用出来るのでは?!

と思い浮かびました。

 

私たちがいつも見ている認識画面がありますが、

 

見た瞬間、過去とつなげて考える脳のくせ

 

過去とつなげて考える脳の道が条件反射的に作られています。

 

その過去から考える道を

 

見る前に清める事で、

 

新しく考える道を作る事が出来るのだと思います。

 

見る前に、清める方法

 

それは、

 

次元を上昇させて観る、

 

見る前に、

 

観点の次元を上昇させて

 

観る、

 

時間空間存在がない場、

 

究極に清められている場から

 

今ここを観る、

 

その事で、

 

究極に清められている道を

 

新しい考えが走る

 

山笠が、清められた道を走るように

 

今ここ時間、空間、存在のない場から

 

新しい道が創られ、

 

新しい考えが走る事が出来るのだと思います。