今ここ、ピースバースデー

0=∞=1 全てが一つ、皆が輝くディバインスパーク

未来組織の在り方

渋谷で

12月11日19時から

渋谷にて開催されます。

 

一緒に行ける方

09080254940丸山陽子

連絡ください。楽しみにしています。

 

 

=================================

ティール組織勉強会〜未来組織の在り方について本気で考える

https://dignity-teal.peatix.com/
未来組織の在り方について本気で考える
nTechからみた「Dignity ティール組織」とは?

============================

Noh Jesu × 一 龍飛 スペシャトークライブ開催‼


〜「Dignity ティール組織」ワークショップ主催の一龍飛と
  
  nTech創始者Noh Jesuとの年末コラボ企画にて

   スペシャトークライブを開催いたします〜


最近、何かと話題の「ティール組織」
上司との人間関係も、売上目標も、予算もない!?

確かにそんな組織があれば素敵かもしれないけど、
実際に実現することができるの?

「組織の変化が重要だ」とは言うけれど、
そもそも組織を作り出している“人の意識”は

どうやって変化させたらいいの?

そのようなことを思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このトークライブでは、
今年2月世界カンファレンスWisdom2.0で話題を集めた 「nTech」の視点から
日本人だからこそできる「Dignityティール組織」 のつくり方について
2人に熱く語っていただきます。

ティール組織の解説も取り入れながら行うので、
まだ書籍『ティール組織』を読んでない方の参加もお待ちしています!


◇参加対象
ティール組織を実現したい経営者の方
・日本の企業や組織の仕組みを変えたい方
・自分の能力を最大限発揮しながら信頼できる仲間と仕事をしたい方
・今の職場をもっと働きやすい環境に変えたい方
・事業承継を検討しているベテランオーナーの方

◇こんなことが学べます
ティール組織が現実化できない本質的な原因と解決法
・日本流 Dignityティール組織の作り方
・激変時代をリードする人材開発に必要なこと
・nTech創始者の視点、発想など

◇nTechとは
人間の認識をテクノロジー化し
“今ここ”をコンピュータを操作するように自由自在に統制できる技術。
科学技術の特異点を超える次の技術として時代をリードしている。
http://www.nr-japan.co.jp/ntech/index.html 

◇講師プロフィール

盧 在洙(Noh Jesu / ノ・ジェス)

NR JAPAN株式会社 代表取締役会長
ピースプロダクション株式会社 代表取締役
日韓VISION同盟 韓国代表
観術、nTech 創始者

韓国テグ出身。嶺南大学環境大学院環境工学科卒業。
20年間武術と瞑想修練を重ね、韓国で武術道場と幼児教育会社を同時に経営。
1995年に来日し、苦悩の末に宇宙自然の根源である真実のイメージを福岡で発見。
以来20数年かけて真実のイメージを認識技術「nTech」として技術体系・教育体系化に成功。
これを伝達するため、現NR JAPAN株式会社を設立し、人工知能が人類の知能を遥かに超えるこれからの時代に、
人間と組織を持続的に進化させる完全組織システムを提案。
nTechを活用した次世代リーダーの育成と、時代の次元上昇を目指している。

オフィシャルブログ: http://blog.noh-jesu.com/entry/2018/12/02

 

一 龍飛(いち りゅうび)

nTechセミナー講師
一般社団法人マインドームコーチ協会 認定コーチ

福岡県出身 渋谷区在住。
組織や型にはまることを嫌い、自由でクリエイティヴな仕事スタイルを
追求する中、努力次第で成長できる美容師になる。
しかし現実には売上目標や目先の仕事に追われる日々が続き、
個性や自分らしさを見失ってしまう。
そんな時、「nTech」の創始者との出逢いにより、
認識のパラダイムを転換することで
個人の個性を100%発揮しながらチームプレーができる
組織創建の仕組みが明確になる。
現在は、新しい時代をリードする人材の育成に尽力。
経営者やチームのリーダーなど、セミナー受講者は約2000人、
個人セッション1500人を超える。
2020年オリンピック開催に向けて、
世界に誇れるDignity組織の創建に奔走している。

◇日時 2018年12月11日(火)
◇時間 19:00-21:30(18:50開場)
◇料金 3,000円(交流会あり)
◇場所 東京都渋谷区桜丘町13-9クリエート桜丘センチュリー21 B1 (渋谷駅徒歩7分
◇主催 Noh Jesu Official Blog Team http://blog.noh-jesu.com/