今ここ、ピースバースデー

0=∞=1 全てが一つ、皆が輝くディバインスパーク

◆オンライン無料配信 令和哲学カフェ

◆オンライン無料配信 令和哲学カフェ第2期

第5弾 12/21-12/25

【テーマ】
自然的態度の見つけ方

ファシリテーター
勝又 保吉(やっさん)

【勝又よりコンセプトイメージ】
「イマココ、目で見ちゃダメ!」
言葉で言われても、実際どうやったらイマココ目で見ないようにできるの?って思った方おられませんでしょうか。
「イマココ、目で見ちゃダメ」を、実際に問題が起こっている瞬間や人と会話をしている瞬間にやろうとすると本当に難しいってことに直面した方もおられるのではないでしょうか。

目で見た世界の限界を「知識」ではなくて、「自分の体験」で限界を体感しなかったら「目で見ちゃダメっぽい」行動になってしまいます。
なぜなら、私たちにはフッサールが言う「自然的態度」という一定のルールの中で物を見て・感じて・言葉や行動をしているからです。
自然的態度のルールを認識し、予測して先回りしておかなければ本当の意味で「目で見ちゃダメ」を行うことは難しいですし、目で見ないようにしながら言葉・行動することは絶望的に不可能を感じます。
なぜなら、「イメージ」と「言葉」が一致しないと「魂のない言葉」として無意味なものになるとヴィトゲンシュタインは言っていますので。

そこで、今回の私のファシリテートでは「自然的態度の見つけ方」と題して、普段日常の私たちの世界の認識を深く見ていきながら、いかに私たちの認識・体験・判断・行動が「観点」と言われる自然的態度によって左右されているのかを発見していきます。
そして5日間を通して、実際に自分の体験や言葉で「目で見ちゃダメ」の意味を令和哲学を知らない人に伝えられるように「ゼロ感覚」の体験が宿ることを意図してます。

物理学では量子振動の奥まで追求した時にものすごく大きく広がる世界にぶち当たります。
同じように、自分が見える世界のギリギリの「有る」まで観ていったときに、広大な「無い」の世界が広がることを証明する時間となることでしょう。

令和哲学者ノ・ジェスですらまさかと思うアプローチから令和哲学につながる魔法。
2021年人が拓けるために必要な道具をお届けいたします。

【期日・テーマ】
12/21: 「フッサール〜なぜ人生を深く見つめられないのか〜」
12/22: 「ヴィトゲンシュタイン〜私達の人生ゲームの構造〜」
12/23: 「ニーチェ〜地獄のような人生を天国に転換させる秘術〜」
12/24: 「令和哲学〜「大自由」を妨げる人間の制約をリアル体験しよう〜」
12/25: 令和哲学者ノ・ジェスとの質疑応答など

【時間】
21:00-22:30

ファシリテーターからのメッセージ詳細・申込はこちら↓↓↓
https://reiwaphilosophy.com/?p=6595